アメリカの不動産の査定事情 - マンションの査定をする前に!

マンションの査定をする前に!

HOME > マンション査定の事例とよくある質問 > アメリカの不動産の査定事情

アメリカの不動産の査定事情

日本とアメリカ、まったく異なる査定の背景

アメリカでも日本と同じようにマンションや不動産を売る方はいます。
では、その値段付けや査定はどのようになっているのでしょう。

アメリカでは事例を用いる場合がほとんどです。

国は違えど日本と同じように事例を参考にして査定をします。
しかし、アメリカの場合と日本でこの事例について大きな違いがあります。

それは事例の「精度」です。
アメリカでは不動産取引があった場合、必ずその取引の詳細をデータベースに登録する必要があります。
よって、不動産業者がデータを調べれば過去の取引事例の全てが出てきます。

同じマンションの取引事例もたくさん出てくる、よって事例が多いので精度の高い査定ができます。
ですので、この事例を参考にすればかなり正確な取引額を想定できます。
また、買主も相場を見るのに極めて役立ちます。
よって、売主・買主での相場の見方が揃っていくのです。

ただし、日本の場合は取引の詳細を登録する義務がありません。

売主が了承し、不動産屋さんが成約登録したものしかデータベースに残らないのです。

よって、過去に取引があったマンションでも「取引事例のデータが無い」なんてことがあります。
そんな中途半端なデータでは100%参考になりません。

このように日本はアメリカと違いデータが完備されてないのが実情です。
よって、正しい価格の見極めが難しいのです。


> マンション査定の事例とよくある質問


マンション査定の事例とよくある質問 目次一覧

マンション査定の秘訣のレポートがすぐにもらえます

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

(注)個人情報の取り扱いについては万全を期しております。田中徹也以外の第3者が入力された情報を閲覧及び利用することはありません。入力されたメールアドレス先には田中より、マンション売却に役立つ情報やおススメ書籍の情報お送りする場合があります。あらかじめご了承ください。

PageTop

マンション査定の事例とよくある質問

新着記事

マンションの査定を受ける前読みたい無料レポートプレゼント

オススメ書籍

Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!

中古マンション売却必勝バイブル

Amazon.com不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術

マンションを売るべきか?を考えるところから、売り出し、不動産屋さん選び、契約引渡しまで全ての流れを学べます。
まさにマンション売却のガイドブック!

メニュー

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!



HOME - マンション査定の事例とよくある質問

査定とは - 査定の受け方 - 査定の裏側 - 売り出し価格の決め方 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。