マンションの査定のときに役立つものは - マンションの査定をする前に!

マンションの査定をする前に!

HOME > マンション査定の事例とよくある質問 > マンションの査定のときに役立つものは

マンションの査定のときに役立つものは

査定に不動産屋さんが来るときに用意しておきたいもの

マンションの査定を受ける場合に役立つものがあります。

それは分譲当時のパンフレットです。
そして、その中にある価格表こそ役立ちます。

特に同じマンションで売り物がでているときは必須とも言えます。

分譲時のパンフレットがなぜ売却するときに役立つのか?

例えば5階のAという部屋が2,000万円で売りに出されていたとしましょう。
そして自分は6階のBという部屋を売りに出そうと考えている。

そのとき、いくらぐらいで売りに出せばいいのかは悩むところです。
しかし、分譲時の価格表があれば参考価格はすぐにでます。

分譲当時Aの部屋が2,500万円だったとしましょう。
そして自分が売りに出すBの部屋が2,700万円だった。

その場合Aの部屋の価格から見て、Bの部屋との価格差は

(2,700-2,500)÷2,500=8%
すなわち8%Bの部屋のほうが高い。
その新築時の比率を現在の価格に当てはめます。

Aの現在の売り出し価格×108%=2,160万円

よって、あくまで参考価格としてAの部屋が2,000万円だとしたら、自分の部屋は2,160万円くらいだとめぼしがつきます。

分譲当時、プロが考えた末に出した価格です。
比較参考する価値は十分にありますよ。


> マンション査定の事例とよくある質問


マンション査定の事例とよくある質問 目次一覧

マンション査定の秘訣のレポートがすぐにもらえます

 お名前 
 メールアドレス 
 都道府県   

(注)個人情報の取り扱いについては万全を期しております。田中徹也以外の第3者が入力された情報を閲覧及び利用することはありません。入力されたメールアドレス先には田中より、マンション売却に役立つ情報やおススメ書籍の情報お送りする場合があります。あらかじめご了承ください。

PageTop

マンション査定の事例とよくある質問

新着記事

マンションの査定を受ける前読みたい無料レポートプレゼント

オススメ書籍

Amazon.com
カテゴリー1位3冠!!
マンション部門 1位
住宅ローン・不動産 1位
住まい・インテリア 1位
2011年9月発売
最新刊!!

中古マンション売却必勝バイブル

Amazon.com不動産ジャンル
ランキング1位獲得!

成功する中古マンション売却術

マンションを売るべきか?を考えるところから、売り出し、不動産屋さん選び、契約引渡しまで全ての流れを学べます。
まさにマンション売却のガイドブック!

メニュー

Valid XHTML 1.0 Strict

Valid CSS!



HOME - マンション査定の事例とよくある質問

査定とは - 査定の受け方 - 査定の裏側 - 売り出し価格の決め方 - サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。